ラブグラ

ラブグラ/女性用バイアグラで不感症改善を

ラブグラ(女性用バイアグラ)

 

ラブグラは女性用バイアグラで有名なウーメラのジェネリックになります。

 

男性用のバイアグラを女性向けに開発した商品です。

 

血流を良くして膣内や女性器全体がとても敏感になり、不感症や濡れないなどの問題を解決してくれます。

 

女性は男性の様に勃起する事がありませんので、性的に感じているのかどうかは男性から見てあまり良く分かりません。

 

不感症の女性はかなりの数で実際に存在しており、パートナーとの関係を良好にしておきたいために自分が不感症である事を隠して、性交渉中に演技をついついしてしまう事が多い様です。

 

一度そのような行動に出てしまいますと、次からも相手の気持ちを思うと仕方なく演技をしてしまい常に本当の事を言えずに後悔している状態が続いてしまいます。

 

そのような女性にとっては彼との性交渉は苦痛で、また演技している事もなかなか言えずそれが原因で別れてしまうケースも多々あります。

 

やはり男性との関係を本当の意味で良好に保っていこうと思うのでしたら不感症である事を隠さずにはっきりと話し合いをしてお互いに良い関係を築けるように努力していくことが大切です。

 

ラブグラ

そんな時に、お役に立てるものがラブグラになります。不感症の人のほとんどは膣の血行が良くなくあまり濡れないため性交渉中に痛みを感じてしまいます。

 

そのため最近ではドラグストアーなどに行ってもゼリーが各種販売されています。

 

確かにゼリーは膣を濡らす事には便利ですが、実際に女性が性的な興奮を得られるかどうかと言う点になりますとこれまた違った話になります。

 

やはり理想は自然に濡れて、女性器も敏感になり感じやすくなることが大切です。

 

女性器の構造

 

男性と違い女性器は身体の中に性的に感じる部分を持っています。

 

男性の場合にはペニス自体が外に出ていますので変わりやすいのですが、女性はクリトリスがちょっと見えるだけでのほとんどは女性器の中に隠れています。

 

ラブグラ

 

上記の画像を見て頂くと分かりますが、女性にもクリトリスの奥を見ていきますと男性の様に左右に海綿体が存在しています。

 

元々人間は胎児の途中で男性か女性に変化していき元は同じ小さな生物から出来ています。

 

胎児が成長していく過程で女性器は体の奥に成長していき、男性器は体の外に成長していきました。

 

ですので、女性も性的快感を感じますと体内の海綿体に血液が流れ、その結果として少し見えているクリトリスも硬直してきます。

 

不感症に女性はこの点に問題があり、海綿体に上手く血液が行き届かず性的興奮を得る事ができません。

 

ラブグラはそのような女性は使用する事で、海綿体に十分に血液が送られて性的興奮に敏感になります。

 

女性の場合には男性に比べて、海綿体の総量が小さいので少しの量のラブグラで十分に効き目があります。

 

同時に膣の中の毛細血管にも十分に血液が送られ、膣が濡れる元となる液体 膣液をはじめとして、バルトリン腺液、スキーン腺液、子宮頚管粘液などいろいろな分泌液が活発に出てくるようになります。

 

ラブグラに関しては、男性と同じで性的興奮がありませんと体には何の変化も起きませんので、性的興奮がある事が条件になります。

 

ですので、無理やりや好きでもない男性に性的行為を受けても、性的興奮がありませんのでラブグラは効果が出ません。

 

相手の事が好きで、性的興奮が現れた場合によりその効果を高くしてくれます。

 

男性は一度射精をしてしまいますと、急激に性的興奮が低下しますが、女性の場合には射精と言う事が存在しませんので、性的興奮があるだけ続けてオルガズムを感じる事ができます。

 

女性の性欲

 

女性の性欲は、男性ホルモンの一種であるテストステロンの比率が高いと高くなります。

 

元々女性もテストステロンを持っていますが男性が持っている量の10分の1ほどしかありません。

 

ですでの女性は20代の頃は女性ホルモンが優位に立って体のリズムが決まっていますので、男性の様に性行為がしたくてたまらないと言う様な気持ちは起きません。

ラブグラ

 

それでも女性が排卵に至るまでの時期は、エストロゲンと言う女性ホルモンが多く分泌され子孫繁栄のために男性を受け入れる体制になりますので、
この時期は性欲が高い時期であるとも言えます。

 

もしあなたが彼女が言った「今日生理になっちゃった」などの言葉を聞いたら、そこから計算して排卵期前半までに女性と行為を持つ事で女性はいつもよりも大胆に性的欲求を見せてくれます。

 

男性も性的欲求はテストステロンの量で決まってきます。

 

男性は20〜30代にこの量がマックスになりその後はずっと減少していきますので性的欲求は歳をとるほど減少してしまいます。

 

一方女性はテストステロンの量が減少する事は無く、20〜30代は女性ホルモンの分泌が盛んですので、性的な欲求は低い時になります。

 

ですが女性が40代になりますと女性ホルモンの量が次第に減少してきて、男性ホルモンとのバランスが変化してきます。

 

つまり体全体のホルモン量の中の男性ホルモンが割合が多くなり、結果として性欲が増してきます。

 

女性は20代よりも年を取るにつれて男性ホルモンの割合が高くなり、40代が一番性欲の高い年になります。

 

その後も女性ホルモンは減少を続け、男性ホルモンの量はそのままですので性欲のある状態がつづきます。

 

そんな時結婚した二人の間の性欲のバランスが崩れ、女性は40代ぐらいになりますとパートナーのセックスに我慢が出来なくなり不倫をしてしまうようです。

 

女性の性欲の変化を男性は良く覚えて、女性を大切にしてあげましょう!

 

 

ラブグラ副作用

 

ラブグラはバイアグラと同じ成分で、当初は男性が使用していたバイアグラを少し使用したところ女性にも効果があったなどの意見が寄せられるようになりウーメラが発売になった。

 

ラブグラはそのジェネリックでコストを抑える事ができます。

 

副作用もバイアグラと同様で、頭痛・顔の火照りなどが主な副作用になります。

 

これらの副作用は薬の効果が出ていると言う事ですので、それほど心配する必要はありません。

ラブグラ

だいたいの場合には、暫くしますと消えていく事がほとんどです。

 

基本的に血管拡張剤ですので、体の血行が良くなり血圧は下がってきます。

 

この血行の改善によって女性器の中の血流が良くなり、刺激に敏感になると言われています。

 

男性の様に勃起と言う明らかな違いが分かりずらいのですが、長くお付き合いをしているパートナーでしたらその違いはすぐに分かるはずです。

 

ラブグラは100mgですが、使用するときにはピルカッターで4分の1ぐらいにカットして少しずつ使用してみて下さい。

 

全く効果が無い場合には2分の1使用するなどの工夫が安全です。

 

薬に対する効き目はやはり個人差がかなりありますので、一概にこの量がいいとは言えません。

 

使用していく内に次第に自分の合った量を分かる様になりますので、それまでは少しの量から初めて見ましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ